若き日の放浪の旅

「あそこに帰ろう」と私達はよく言う。あそことは、一切よけいなものを持たずに走り抜けた砂漠のことである。あそこにはほんとうに何もなかった。そして私達にも、何もなかった。三百六十度、完全無欠の地平線と空しかなかった。

かくして建築家の相棒

シベリア、スペイン、シルクロードこたえは風のなか*
2001/日本図書刊行会

シベリアからスペイン/モロッコ/シルクロード

BackNext